ゲット

ウェビナー

Lookout は、お客様からご提供いただいた情報を、当社の関連コンテンツ、製品、サービスに関するご連絡のために使用します。お客様は、いつでもこれらの通信の配信を停止することができます。詳細については、当社の 個人情報保護方針です。
ウェビナーを見る
Lookout によって機密データが収集・保存されることはありません。すべてのデータは、お客様の組織専用のテナントに存在し、お客様がアクセス権を持つ管理者を決定します。
ウェビナー
ウェビナー

キーワードを斬る。セキュリティ・サービス・エッジ(SSE)とは?

キーワードを斬る。セキュリティ・サービス・エッジ(SSE)とは?

ガートナーによると、2025年までに80%の企業が、Web、クラウドサービス、プライベートアプリケーションへのアクセスを単一ベンダーのSecurity Services Edge(SSE)プラットフォームで統一する戦略を採用することになるとされています。

5回シリーズの第1回目は、SSEがどのように生産性を維持するための安全な接続とデータへのアクセスを提供するかについて、流行語や頭字語に切り込み、あらゆる混乱を解消していきます。その内容は以下の通りです。

  • SSEはSASEフレームワークの中でどのような位置づけにあるか
  • 複雑なデータセキュリティ問題を単一のプラットフォームで解決する方法
  • 金融サービス、ヘルスケア、製造業、石油・ガスなど、SSEのさまざまな産業での利用例
スピーカー
該当する項目はありません。