K-12教育生徒のデータがどこにあろうと、それを保護する

新しい世界、新しい脅威

今日の幼稚園から高校までのデジタル教育環境は、ランサムウェアやマルウェアといったサイバーベースの脅威の扉を大きく開いています。生徒は、学校から支給されたChromebookや個人所有のデバイスから、クラウドベースの学習プラットフォーム、ビデオコラボレーションツール、インターネットに接続して、授業に参加したり、宿題をしたりするようになっています。これらはすべて、学校の従来のセキュリティ境界線の外側で発生するため、生徒はより大きなリスクにさらされています。

サイバー犯罪者が特に教育業界をターゲットにしているのは、生徒の機密データを大量に取り扱い、保管しているからです。K-12 Cybersecurity Resource Center によると、学区は5,000万人以上の米国の生徒とその家族のデータを保護する責任があるとされています。社会保障番号のような子供の個人識別情報(PII)は、子供のアイデンティティが「新鮮」であり、不正な活動が発見されにくいため、特に価値が高いのです。

Lookout Security Platformは、K-12教育機関向けに構築された統合ソリューションを提供します。生徒とその家族の安全を守るための包括的な可視化と保護を提供し、教師と管理者が家族教育権およびプライバシー法(FERPA)を遵守できるよう支援します。

包括的なセキュリティソリューションで幼稚園児のデータを保護する

学生データが危険にさらされている

  • 2020年、ランサムウェアの攻撃は、米国の学校、カレッジ、大学1,700校に影響を与え、前年比100%増となりました。
  • 平均的な攻撃のコストは、ダウンタイム、修理、機会損失で273万ドルでした。2021年のわずか1カ月間で、教育機関は580万件以上のマルウェアインシデントに見舞われました。
  • K-12 学校区は、機密データを保護するために積極的に行動する必要があります。個人情報の紛失は、FERPA違反となる。 
  • FERPAは、独自の罰則と結果を適用し、その深刻な影響は、個人情報の漏洩を恐れて、地区が変革の取り組みを進める意欲を失わせる可能性があります。
Lookout 、学生のプライバシーを保護する方法についてお読みください。

セキュリティソリューションが古い、または不十分である

  • レガシーセキュリティソリューションは、旧来のK-12教育提供モデルをサポートするために設計されています。 
  • 学校システムのデータセンターに「オンプレミス」で存在するデータやアプリケーションを保護するのです。現在、多くのアプリケーションはクラウドベースになっています。
  • ホットスポット、Chromebook、個人用モバイルデバイスの普及は、子供を置き去りにすることなく、機密データがどこにでも存在し、移動することを意味します。 
  • 学校は、デジタル教育をサポートし、子供の安全を守り、FERPAコンプライアンスを維持するために、インターネットやクラウドアプリケーションなどへ安全にアクセスできる最新のセキュリティソリューションを必要としています。
教育現場における5つのベストプラクティスを学ぶZero Trust

Lookout セキュリティ・プラットフォーム 

  • セキュリティソリューションのパッチワークの必要性を排除します。
  • オンプレミスおよびクラウドベースのアプリケーションへのアクセスを制御し、可能にします。
  • 学生が学習、コラボレーション、宿題をするために使用するすべてのデバイスのエンドポイントプロテクションを提供します。
  • 不適切なサイトや許容範囲外のサイトへのアクセスをブロックするポリシーを実施し、学生の安全なWebブラウジングのためのセキュアなWebゲートウェイ機能を提供します。
  • 2億5千万台以上のデバイス、1億6千万以上のアプリ、数百万件のWebサイトの情報を分析し、継続的にリスクを評価し、疑わしいサイトへのアクセスを動的にブロックすることが可能です。
  • 個人所有のデバイスにあるアプリやデータのプライバシーを侵害することなく、学生の学習体験を維持します。
Lookout セキュリティ・プラットフォーム ➜」をお読みください。

Lookout でお客様のデータを保護する方法をご覧ください。